セルフイメージが低い人は要注意

 

今日のテーマは 『 セルフイメージが低い人は要注意 』 です。

 

セルフイメージが低い人

スポーツの現場では、「あいつはメンタルが強い」とか「あいつはメンタルが弱い」ということが結構言われます。

また、周りの人が言ってるだけではなく、自分で「私はメンタル弱い」と思っている人もたくさんいます。

しかし、実際のところ、人のメンタル面に関して、「強い」「弱い」の区別はありません。

自分のことを「メンタルが弱い人」と思っている人は、「私はメンタルが弱い人間だ」と自分で決めつけているだけです。

どうしてそのように思ってしまうのかと言うと、『セルフイメージ』が低いからです。

そして、『セルフイメージ』が低い人というのは、上記のように「メンタルが弱い」とかだけでなく、

・自分には無理だ・自分にはできない・自分は才能がない・自分は頭が悪い・自分は意志が弱い・自分はこんなもんだ・・・etc。

というような自己評価をしてしまったりします。

このような自己評価をしてしまっては、何をするにしても、『進化』することはできません。

 

セルフイメージが低くなる要因

セルフイメージが低くなる要因を4つ挙げてみます。

①「自分にはできない」という思考回路が形成される

人は判断するとき、過去の情報を元にします。例えば、「小さいころに人前で緊張しすぎて頭が真っ白になってしまった…」というような体験をすると、次に同じような状況になった時、脳がその情報を元に判断し、ネガティブに思考してしまいます。そうなると当然硬くなってしまって、また上手くいきません。そしてこれを何回か繰り返すと、「私はプレッシャーに弱い人間だ」という思考回路が形成され、それが『セルフイメージ』となります。

②周りの人の影響

実際に自分が失敗していなくても、周りから言われて思い込んでしまう…というケースも多々あります。特に多いのは「親」とか「先生」とか「コーチ」とか、子供にとって影響力が強い周りの人です。
・そんなことをしたらダメだ。うまくいかない。
・そんなのは無理だ。やめておけ。
・何でそんなこともできないんだ。
・何回言ったらわかるんだ。
・・・・etc。
このようなネガティブな言葉を言われ続けて、それに影響され、知らず知らずネガティブ発想してしまうようになり、何かしようとするときに、「無理ではないか…」「ダメだったらどうしよう…」という思いが出てきて行動できなくなります。これを繰り返すと「僕にはできない…」という思考回路が形成され、それが『セルフイメージ』となります。

③上手くいかないことが当たり前になる

人間は不幸や不運に慣れてしまう習性があります。上手くいかないことが続くと、その状態を無意識に「これが当たり前」と思い込んでしまうのです。そうなると、物事が上手く進みだすと居心地が悪く感じてしまいます。そして、「こんな順調なのはおかしい…」とか「そろそろひどい目に合う気がする…」とか無意識のうちに悪いことを考え始め、自分にブレーキをかけてしまいます。こんなことを繰り返すと「自分は基本的に上手くいかない人」という思考回路が形成され、それが『セルフイメージ』となります。

④自信がもてなくなる

意識では「目標を作って達成したい!」「日々充実させたい!」と考えていても、無意識下では「そんなの無理…」「できるわけない…」「やっても無駄だ…」と思っている…。これでは、自分の中に「意識」と「無意識」の大きなズレが生じ、本当はどうしたいのか、訳が分からなくなってきてしまいます。摩擦を生み、ストレスの原因にもなるでしょう。そうするとだんだんと自分に自信が持てなくなり、自分で自分に蓋をするようになります。「こんな自分を知られたくない。」「弱い自分を隠そう。」という気持ちが働くからです。こんなことを繰り返すと「自分は自信を持てない人」という思考回路が形成され、それが『セルフイメージ』となります。

 

自分自身のセルフイメージを観察する

上記のように、自分に対して「プレッシャーに弱い」「できない」「上手くいかない」「自信ない」というようなネガティブなセルフイメージを持ってしまうと、これからもずっと、そのような自分を表現してしまうことになってしまいます。

本来、可能性が開かれているはずの「自分の能力」に蓋をすることになってしまいます。それでは、進化・成長していくことはできません。

まずは、「セルフイメージが低いことは大きな問題である」ということを知ることが大切です。

そして、「自分は○○というセルフイメージを持っている」ということを、しっかり認識する必要があります。

自分で認識できて初めて、改善することができるからです。

 

「私はセルフイメージが低い…」と思っている人、「セルフイメージのことなど全く考えたことがない…」という人は要注意です!ぜひいちど、自分のセルフイメージについて考えてみて下さい。