「継続できる人」になるために

 

今日のテーマは 『「継続できる人」になるために 』です。

 

まずはマインドセット

「継続できる人」になるためには、「短期目線にならず、ベイビーステップからスタートして、やるべきことを積み重ねていきましょう!」ということなのですが、この「短期目線にならない(中長期目線で考える)」「まずはベイビーステップで良い(行動する)」「やるべきことを積み重ねる(継続する)」という3つのマインドセットを持つことが大切です。この3つのマインドセットを持ったうえで、何をすれば良いのかを考えていきたいです。

今回はその方法の例として、3つ紹介します。

 

取り組み例①

まず1つ目は、「なんでもいいから(自分にとってプラスになる)新しいことを始めて、それを毎日やる」です。「継続できる人」になるための第1歩、ベイビーステップです。

例えば、・靴を揃える・スマホを拭く・自分の部屋のどこか1ヵ所をそうじする・・・etc、という感じです。まずは数秒~数十秒で終わるようなことだと、継続しやすいです。たとえすごく簡単なことだとしても、続けることができれば「継続できている」という実績になります。

例のように「そうじ・かたずけ・整理整頓」がおすすめです。 ❝きれいにする❞ ❝整える❞ ことは、心(メンタル面)を ❝きれいにする❞ ❝整える❞ ことにも繋がります。

 

取り組み例②

2つ目は「なんでもいいから有言実行する」です。これは、「自分が言葉に発したことは実行する」という習慣をつけるためです。有言実行できる人は、当然継続できる人です。

有言実行できる人は、自信も育ちます。逆に有言実行がなかなかできない人は、自分に自信がない人になっていきます。なぜかというと、「有言実行しない=自分に嘘をつく」ということだからです。

たぶん多くの人が、周りに ❝よく嘘をつく人❞ がいたら、その人のことを信用できないと思います。それと同じで、自分に嘘をつく人は、自分のことを信用することができません。「自分を信じることができない=自信がない」ということになります。自信がないと、セルフイメージも低下しますし、基本的に、行動も発言も思考もネガティブになりやすいです。

「自分に嘘をついても誰にも迷惑をかけないから悪いことではない」と考える人も意外と多いような気がしますが、 ❝自分の成長❞ にとっては結構悪いことですので、ご注意ください。

 

取り組み例③

そして3つ目は「『失敗(ミス)は絶対にある。しかも何度もある。』ということを知る」です。

多くの人は、失敗したりミスしたり上手くできなかったりすると、「自分はダメな人間だ…」と落ち込んだり、「どうしてできないんだ!」と怒ったりします。

例えば、「毎日靴をそろえるぞ!と決めたのに、2日目でもう忘れてしまっていた…ダメな奴だ…。」「筋トレをするぞ!と心に誓ったのに3日坊主で終わってしまった…やっぱり続かない…。」とか、「プライベートレッスンを受けてフォームを習ったのに、良いスイングができない…なぜなんだ⁉」・・・・etc。

しかし、これは ❝短期目線的思考❞ ❝完璧主義的思考❞ であり、このような思考は、 ❝継続すること❞ を困難にします。(もちろん、湧いてきたネガティブな思考(「くっそー!とか「ちっきしょう!」とか)を行動エネルギーに変換して行動できる人もいますが、そういう人はもうすでに『継続できる人』である可能性が高いです。)

「継続スキル」を向上させるには、「ミスは必ずあるし、何度もあるが、それは当たり前のこと」というマインドセットを持つことが大事です。

当たり前なので、必要以上に凹んだり怒ったりする必要はありません。「ミスをしたらフィードバックして次に進む。」これを実行して下さい。行動を止めるようなネガティブ思考をしても改善は起こりません。

3日坊主大いに結構。たとえ1日坊主でも、0が1になっているからプラスです。1日坊主でも、1ヶ月に10回出来ればプラス10です。

「こんなのではで甘すぎる!」という人もいるでしょうが、これもベイビーステップです。自分のレベルとの相談です。

例えば、赤ちゃんが立とうとしている時、何度も何度も転んでチャレンジしている姿を見て、「一体何回転んでいるんだ!いいかげんに立ちなさい!」と言わないと思います。 ❝できないレベル❞ の時は激甘で良いですし、 ❝それなりにできるレベル❞ の場合でも甘めで良いです。

ちなみに学校とか会社では「1回失敗したら学んで2度と失敗するな!」とかいう結構無茶苦茶なことを言われるのですが、あまり気にしなくていいと思います(もちろんフィードバックは必要です)。失敗しないように心がけ過ぎてしまうと、だんだん『チャレンジ精神』がなくなっていってしまいますので注意が必要です。

 

自分の成功例

自分のことで恐縮ですが、私が禁煙に成功できたのは、このようなマインドセットを学んだからです。大学の頃から喫煙していたのですが、すでにその頃から禁煙チャレンジをしていて、もう何十回も試みていました。最高は1ヵ月とか続いたこともありましたが、酷い時は決意して数時間後にその決意が頭の中から消え去り、普通にタバコをくわえていました(-_-;)。そして吸った後自己嫌悪に陥っていました(+_+)。

しかし、マインドセットを学んで以降は、1日坊主や3日坊主だとしても「これも成長だ」と思うようにし、失敗を何度も繰り返しながらも「失敗した分だけ成長している」と考えるようにしました。そんなことを繰り返しているうちに、「もうそろそろいけるんじゃない?」という思いが出てくるようになり、最終的に2年がかりくらいで禁煙に成功しました。

ということで、「何度失敗しても継続していればそのうち上手くいく」という実体験をお話しました。この ❝ベイビーステップ❞ と ❝積み重ね❞ の効果を身をもって体験できたことによって、マインドセットが強化されたと思いますし、自信もアップしたと思いますし、他の色んなことにもプラス効果が波及していると思います。

 

名言集

それでは最後に名言集です。

 

「失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。」

ウォルト・ディズニー(『ディズニーリゾート』創立者)

 

「九回失敗したとしても、それでも九回の結果を生んだではないか。」

ダライラマ(第14代ダライラマ法王・『ダライラマ』とは、チベット仏教で最上位クラスに位置するチベットの象徴たる地位)

 

「成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうかである。」

スティーブジョブズ(アップル設立者)

 

「わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。」

トーマス・エジソン(アメリカの発明家)

 

「成功した人は失敗を言わない。成功した人は人より何倍も失敗していると思う。」

大村智(北里大学特別栄誉教授。2015年ノーベル生理学・医学賞受賞。 )

 

「未知に挑んだ結果、失敗したとしても、そこに名誉を与えなければいけない。」

野依良治(科学技術振興機構研究開発戦略センター長・2001年ノーベル化学賞受賞)