才能やセンスは時間で作られる

 

今日のテーマは 『才能やセンスは時間で作られる』 です。

 

「いかなる分野においても、その道のエキスパートになるためには、約1万時間の累積練習時間が必要である。」

これは、❝1万時間の法則❞ という、一流になるためのひとつの指標として知られている言葉です。

これは、マルコム・グラッドウェルという人が、世界の成功者を分析した「天才!成功した人々の法則」という自身の著書の中で提唱したものです。

また、同じような内容で、フロリダ州立大学のエリクソン教授が、テニスやチェス、音楽などの幅広い分野で研究し、「一流になるためには10年という時間が必要である。」と明らかにした、❝10年ルール❞ もよく知られています。

実際、テニス界では、ジュニア時代の最後の方(17歳、18歳)でトップにいる選手は、だいたい7歳や8歳くらいから、真剣に取り組み始めたという選手が多いと思います。

 

ちなみに、毎日3時間取り組むと、だいたい10年で1万時間を達成できます。

(3時間 × 1年365日 × 10年 = 10950時間)

でも、もちろん休息日もありますので、実際はもう少し1日当たりの時間を増やさないといけないでしょう。

 

ただこれは、「絶対こうです!」というわけでなく、あくまでも目安ですし、個人差は当然あります。

実際、エリクソン教授の研究では、「数字の記憶に関する能力テストでは、数百時間の練習で世界一になった」という例や、「ある国際的コンクールで世界一になった人は、2万時間以上の練習を積んだ」という例もあったそうです。

それに、何をもって ❝一流❞ ❝エキスパート❞ と呼ぶのかの設定も人それぞれでしょう。

世界のトップなのか、日本のトップなのか……ちなみに私のレベルで言うと、たとえ県高校総体の1位でも、「県内のテニスをしているジュニアの中で1番」ということなので、ある意味 ❝一流❞ だと思っています。(中学生が1番強いことも稀にありますけど…^-^;)

 

いずれにしても、1つの事実として、❝熟練者❞ になるために、「長い時間の練習が必要である」ということは間違いありません。

多くの時間とエネルギーを、1つのことに専門的に注ぐことで、その道のエキスパートレベルになることが可能なのです。

そしてのそのエキスパートレベルの人たちを見ると、才能やセンスを感じると思います。

実際、エキスパートレベルにまでなっているわけですので、才能やセンスを持っているでしょう。

つまり、ほとんどの分野で、才能やセンスは時間で作られるということです。

 

世間では、「才能・センス」というのは持って生まれたものであり、自然に苦労せずにできる、という意味で捉えている人が多いです。

でもそれは、100%とは言いませんが、ほぼ間違った情報だと思います。

実際、初心者としてテニスを習いに来る子供達の中には、教えたらすぐにできる子もいれば、できるまでに時間がかかる子もいますし、動きがいい子もいれば、動かない子もいます。(大人の人もそうですが…^-^;)

でもこれは才能の差が大きいのではなく、更に前(赤ちゃん時代や幼児時代)に、活発に動き回る子だったのかどうか、というところで運動神経に差ができているとも考えられます。

活発に動き回る子というのは、運動神経をよくする練習を無意識にしていたのです。

 

ですので、始めてすぐの段階で、「できない(-_-;)」「センスがない(*_*;」などと思わなくていいです。(1mmも思わなくていいです。短期目線の極み(-_-;))

センスの差ではなく、取り組んだ時間の差なのです。

時間をかければ、そのうち出来るようになります。

むしろ、すぐにできる子よりも、なかなかできない子の方が、時間をかけて練習する傾向があるので、何年か経つと、テニスセンス的にも、運動能力的にも、追い抜いている、なんてことが起こります。

恐らくそのような逆転現象は、テニスに限らず、他のスポーツでもよくある話でしょう。

 

ちなみに、私の経験内で言うと、県のトップクラスになった子のほとんどが、世間で言う「センスのある子」ではなく、「テニスに時間をかける子(家庭)」でした。

私の中では「才能やセンスは時間で作られる」というマインドセットが定着しています。

 

最後に「MY名言集」の中の、作者不詳の言葉を紹介します。

 

「才能の差は小さいが、努力の差は大きい。継続の差は、もっと大きい。」

 

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です