プレッシャーは自分を高めるエネルギー

 

今日のテーマは 『 プレッシャーは自分を高めるエネルギー 』 です。

 

プレッシャーは悪いもの?

スポーツの世界ではプレッシャーはつきものですが、日々の生活の中でも、いろいろとプレッシャーがかかるような場面があると思います。

そんな中、いわゆる「メンタルが弱い」と言われる人達は、プレッシャーがかかると、過度なストレスを感じ、行動も思考も発言もネガティブになり、どんどん自信をなくして委縮してしまいます。当然のことながらパフォーマンスは下がります。

そして、こういうタイプの人達は、プレッシャーを「悪いもの」だと思っていて、何とかして逃げようとする傾向があるようです。

どうしてそうなるのかというと、現代人は、学校教育の影響などで、「こういう場合はこうする」「こう考えるとこういう結果になる」という感じで、❝答えがある❞ のが当たり前になっているので、プレッシャーにさらされた場合、「どうしたらいいんだ…」「マニュアルがない、どうしよう…」という ❝答えがない状況❞ に陥り、パニック状態になってしまうからです。

そして、その自分をパニックに陥れてしまう ❝プレッシャー❞ を悪者認定し、逃れようとしてしまうのです。

 

知識不足

そのように思ってしまう理由の1つとして、「知識不足」が挙げられます。

プレッシャーに対処する方法とかは、学校で教えてくれないですし、スポーツの現場では、「気合いだ!根性だ!」とか、単に「ポジティブだ!」とかで終わらせる指導も多く、「プレッシャーとは何か?」とか「プレッシャーにどのように対処すべきか?」とか、そのような知識や実践方法を学ぶところがなかなかないのが現状です。

(もちろん、気合いや根性やポジティブシンキングはかなり重要で、それがないと困ります。ただ、それだけでメンタル面をどうにかしようというのは、ちょっと無理があると思います。)

学ぶところもないし、教えてくれる人もいない…。特に対策もせず試合に行き、「気合いだ!根性だ!ポジティブだ!」と思ってはみるものの、やっぱりプレッシャーのせいで良いプレーができず、先生や親になんだかんだ言われ、自分も悔しい…。

こんなことがあると、「なんで緊張してしまうんだ!プレッシャーは悪いものだ!」と思ってしまうのも当然でしょう。

 

プレッシャーは悪いものではない

しかし、プレッシャーというのは悪いものではありません。

実は、人間の脳の中には ❝向上しようとする❞ ❝成長しようとする❞ ❝進化しようとする❞ プログラムが内蔵されています。

ですので、プレッシャーがかかって一旦 ❝ひずみ❞ が出現したとしても、その脳の持つ進化プログラムが、❝ひずみ❞ を回復させるよう働いてくれるのです。

つまり、プレッシャーを感じる期間があったとしても、その期間が終わった時には、よりよい自分に成長しているのです。

すると、次に同じような場面に遭遇した時には、前回の経験が生かされて、❝前よりは成長した自分❞ を表現することができます。

このように、プレッシャーはマイナス現象ではなく、自分を高めるためのエネルギーなのです。

プレッシャーを避けようとすることは、自分で自分の成長を止めるかのような行為ですので、気を付けましょう。

プレッシャーは自分自身を育ててくれるものですので、恐れずに立ち向かって行く姿勢が大切です。

「失敗してもそれは経験になり学びになる」「プレッシャーは自分を成長させてくれる」という知識(マインドセット)を持って、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

名言集

では、今日も最後に名言集です。

 

「プレッシャーはかかる。どうしたってかかる。逃げられない。ならいっそのことプレッシャーをかけようと思う。」

イチロー

 

「お笑い芸人は緊張しない奴は売れないねん、見事に。みんな緊張しぃやねん。怖いから頑張んねん。」

明石家さんま

 

「緊張しないコツなんかない。緊張できることをやらせてもらっていることを幸せだと思うことだよ。」

タモリ(森田一義)

 

「ビビりでいいと思います、僕は。それを認めたほうが練習もするし。緊張することを否定することはないと思います。」

村田諒太

 

「真剣になれ、深刻になるな。」

小池一夫

 

「プレッシャーがかかるような環境で対局ができるというのは、棋士にとって非常に充実して幸せなことなのではないかと思っていますし、そういうものが逆になくなってしまう方が問題があるのかな、と思っています。」

羽生善治

 

「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ。」

ウィリアム・ジェームズ

 

「正しいか間違っているかなんてどうでもいいこと。重要なのは逃げ出さないこと。」

キャサリン・ヘプバーン

 

「大いなる苦悩なくしては、如何なる完成も才能もあり得ない。」

レオナルド・ダ・ヴィンチ