プレッシャー

 

今日は「プレッシャー」についてです。

 

スポーツの世界ではプレッシャーはつきものですが、日々の生活の中でも、いろいろとプレッシャーがかかるような場面があるのではないかと思います。

そんな中、いわゆる「メンタルが弱い」と言われる人は、プレッシャーがかかると、過度なストレスを感じ、行動も思考も発言もネガティブになり、どんどん自信をなくして委縮してしまいます。

当然のことながらパフォーマンスは下がります。

そして、こういうタイプの人達は、プレッシャーを「悪いもの」だと思っていて、何とかして逃げようとする傾向があるようです。

 

その理由の一つとしては、「知識不足」が挙げられると思います。

プレッシャーに対処する方法とかは、学校で教えてくれないですし、スポーツの現場でも、いまだに「気合いだ!根性だ!」みたいな指導が多いです。

(ちなみに私は気合いや根性を否定しているわけではなく、むしろ必要だと思っていますが、それだけでは足りないということです。)

現代の人は学校教育の影響などで、「こういう場合はこうする」「こう考えるとこういう結果になる」という感じで、❝答え❞ があるのが当たり前になっているので、プレッシャーにさらされた場合、「どうしたらいいんだ…」「マニュアルがない、どうしよう…」という ❝答えがない状況❞ に陥り、パニック状態のようになってしまう…。そしてその苦痛から逃れようとしてしまうのです。

 

しかし、プレッシャーというのは悪いものではありません

実は人間は、❝向上しようとする❞ ❝よりよく生きようとする❞という脳のプログラムを持っています

プレッシャーがかかって一旦 ❝ひずみ❞ が出現するのですが、脳の持つプログラムによって、脳はそれを回復させようと働いてくれます。

つまり、プレッシャーを感じる期間があったとしても、その期間が終わった時には、よりよい自分に成長しているのです。

すると、次に同じような場面に遭遇した時には、前回の経験が生かされて、❝前よりは成長した自分❞ が出現してくれます。

このように、プレッシャーはマイナス現象ではなく、自分を高めるためのエネルギーなのです。

 

プレッシャーを避けようとすることは、自分で自分の成長を止めるかのような行為です。

プレッシャーは自分自身を育ててくれるものですので、恐れずにどんどん立ち向かって行きましょう!

その経験の蓄積によって、だんだんと ❝プレッシャーに強い人❞ に成長していくことができます!