❝エクスターナルフォーカス❞ でパフォーマンス向上⇧

 

(以前投稿した 『❝エクスターナルフォーカス❞ でパフォーマンス向上⇧』 の記事のコメント欄が、悪質なスパムコメントにより荒らされてしまいましたので消去しました。ということで、もう一度同じ記事をアップします(;一_一)。)

 

今日のテーマは 『❝エクスターナルフォーカス❞ でパフォーマンス向上⇧』 です。

 

試合の時の最大の目標は、多くの場合 ❝勝利❞ だと思います。そして勝利するために自分ができること(したいこと)は「自分の持っている力を発揮すること」だと思います。

「自分が持っている力を発揮する(良いプレーをする)」ことができれば、勝利する確率が上がります。というか、スポーツマンシップに反する行為(汚いセルフジャッジとか…)をする以外では、勝利確率を上げるための最善の方法だと思います。

そして「自分の持っている力を発揮する」ためにやるべきことが、『自分の体の動きを意識していない状態=エクスターナルフォーカス』をつくることです、ということを以前の投稿で説明しました。

しかし、試合の時の準備としては、それだけでは足りません。

いくら ❝自分の体の動きを意識していない状態❞ を作ったとしても、心が ❝ネガティブな思考や感情(雑念)❞ で満たされてしまったら、大きくパフォーマンスを下げてしまうからです。

「ネガティブな思考や感情(雑念)を意識している」というのは、それは ❝インターナルフォーカス❞ になっているので、つまり、パフォーマンスを落とすことになるのです。

 

練習の時であれば、大きなプレッシャーを感じることはあまりないと思われますので、不安や恐怖に襲われるようなことは、そうないでしょう。
しかし、試合の時というのは、大切な試合であればある程、プレッシャーがかかり、不安や恐怖に襲われ、ネガティブ系の思考や感情が湧いてきやすくなります。

ですので、この「心に次々と浮かんでくるネガティブ系の思考や感情」に支配されないようにすることも相当に重要なことなのです。

それはつまり、『心に浮かんでくるネガティブ系の思考や感情(雑念)に意識を向けていない状態をつくる』ということです。

「もっとメンタル面で強くなりたい!」と思っている人にとっては、むしろ、こちらの方が重要である可能性が高いです。

 

そして、この状態を作るための方法も ❝エクスターナルフォーカス❞ です。「人の脳は1つのことしか考えられない」ということを利用して、「ボールに意識を向ける」ことによって、『心に浮かんでくるネガティブ系の思考や感情(雑念)に意識を向けていない状態』をつくるのです。

要するに、自分の持っている力を発揮するため(スムーズに体を動かすため)には ❝自分の体に対する無意識❞ だけでは足りず ❝自分の心に対する無意識❞ も必要であるということなのです。

( ❝体の動きに関する思考❞ も ❝心に浮かんでくるネガティブ系の思考❞ も、両方とも同じ ❝思考(雑念)❞ だから、分ける必要ない…というツッコミもあるかもしれませんが、私的に分けた方が分かり易いと思いました。)

 

今日のまとめとしては

『目標はこの試合に勝つこと』 ⇒ そのためには? ⇒ 『自分の持っている力を発揮すること』 ⇒ そのためには? ⇒ 『エクスターナルフォーカスすること = 自分の体の動きを意識していない状態(自分の体に対する無意識) + 心に浮かんでくるネガティブ系の思考や感情に意識を向けていない状態(自分の心に対する無意識)をつくること』 ⇒ そのためには? ⇒ 『ボールに意識を集中すること』 ⇒ 『パフォーマンス向上⇧』 ⇒ 『目標達成できる確率UP⇧』

ということでした。

 

これらの話は、以前の投稿『「集中」について知ってほしいこと』『「集中」スキルの向上』『コントロール内、コントロール外』でも触れていますが、自分のパフォーマンスを落としてしまうような ❝いらない思考(雑念)❞ に意識を取られないようにする練習 = ❝ボールに意識を集中させる練習❞ も、日々の練習に取り入れてみて下さい。