PDCAサイクル

 

今日のテーマは 『PDCAサイクル』 です。

 

PDCAとは、「Plan=計画」「Do=実行」「Check=検証」「Action=改善」の4つの英単語の頭文字で、PDCAサイクルとは、この4つの段階を、P→D→C→A→P→D→C→A・・・と循環的に繰り返すことで、仕事の改善や効率化を図ろうという考え方です。

ビジネスの分野で全ての仕事に役立つワークマネジメント術として広く知られています。

そしてこの「PDCAサイクル」という考え方は、スポーツの現場でも使えるのではないかと思います。

 

最近のビジネスの現場では、

「PDCAサイクルを回せ!と言っているのは日本だけであり、この4つの用語に忠実に従うと上手くいかない」

「PDCAサイクルは意味がない」

「PDCAとは『lan:計画、elay:遅延、ancel:取消、pologiz:謝罪』のことだろう」

など、否定的な意見も結構あるようですが、どんな理論も、使い方や使う場面や状況によって、効率的であったり非効率的であったりすると思うので、肯定的な意見も否定的な意見も、ある意味どっちも正しいですね^-^;。

 

では、スポーツの現場でどう使っていくかということなのですが、

「Plan」・・・・どのような目的でどのような練習をするのか考える

「Do」・・・・・・実際レッスン(練習)で行う

「Check」・・・できたこと、できなかったことを振り返る

「Action」・・どうすればできるようになるかを考える

大まかですが、こんな感じでしょうか。

そしてこのPDCAを回していきます。

 

テニスの場合、この「Plan」の部分が、1個や2個ではありません。

単純に、テニススクールでよくやっている、ストローク、ボレー、スマッシュ、サーブ、フットワーク、ゲーム形式の基本練習だけでも、何十個もあるでしょう。

そして、レベルによっても、状況によっても、目的によっても違いますし、フィジカルやメンタルのトレーニングも入れると、その数は更にどんどん増えていきます。

 

結局のところ、実際の試合では、❝状況❞ は無限にありますので(似通った状況はあるにしても、厳密には同じ場面は2度とない。)、練習の内容とかドリルも、無限にあると言っても過言ではありません。

その中で、コーチは選手1人1人の現状に沿って、PDCAを考える必要があります。

他のスポーツの指導者や、学校の先生とかも同じでしょうけど、真剣にやろうとすればするほど、凄く難しい職業です。(だからこそやり甲斐があったりします(^^)/。)

 

ちょっと話が脱線しましたが…、このPDCAサイクルには「少しずつ積み重ねて向上していく(=スパイラルアップ)」という基本概念があります。

PDCAサイクルというと、「どんどん回す」というイメージがありますが、回転スピードを意識し過ぎると、どうしても短期目線になってしまいがちになります。

そうなると、1球1球ミスをするたびに「あーしろ、こーしろ」と短期チェックを入れてしまうことになりますし(;一_一)、練習方法にしても「ちょっと練習してダメなら次の方法!ダメなら次、また次・・」のように次々とやり方を変えることになってしまいます。

積み重ね❞ というのは、同じことを繰り返すことで起こるので、短期的に方法を変えてしまうと、❝積み重ね❞ が起こりません。

ですので、「少しずつ積み重ねて向上していく」という基本概念から外れないようにしながら、サイクルを回す必要があるのです。

 

テニスプレーヤーとしての向上は、通常、インスタント的にすぐに起こることではありませんので、短期目線ではなく中期目線を持ちつつ、状況に応じてPDCAサイクルを回すスピードを検討してほしいと思います。

 

次回は、上記の「スパイラルアップ」について、もう少し考えてみたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です