ネガティブフィードバック

 

今日のテーマは 『ネガティブフィードバック』 です。

 

この ❝フィードバック❞ という言葉は、制御工学という学問の専門用語で、「出力された結果を入力側に戻し、出力を制御すること」という意味です。

ここから転じて「アウトプットされた情報からインプットの調節を行うこと」を ❝フィードバックする❞ と言うようになったそうです。

簡単に言うと、「結果を元にして、次の行動に生かしていく」ということです。

近年では、ビジネスやスポーツなど、いろんな分野で使われる言葉になりました。

 

そしてこのフィードバックには❝ポジティブフィードバック❞ と ❝ネガティブフィードバック❞ があります。

❝ポジティブフィードバック❞ は、「このように良い結果が出ている。この調子でいこう。」というフィードバック、

❝ネガティブフィードバック❞ は「この結果ではダメだ。修正しよう。」というフィードバックです。

 

おそらく、いろんな場面で行われているフィードバックのほとんどは、❝ネガティブフィードバック❞ の方だと思います。

「うまくいかなかったことを修正する」という行動を繰り返すことで、向上していくことができるからです。

この ❝ネガティブフィードバック❞ が、向上するための重要な役割を果たしてくれるのです。

 

ということで、行動→修正→行動→修正→行動→修正→・・・・という感じで、どんどんネガティブフィードバックをしていくと良いのですが、ただ、ネガティブフィードバックにも注意点があります。

それは、「ネガティブフィードバック時に、自分を責める必要はない」ということです。

失敗するとつい、自分を責めて落ち込んだり、悩んだり、不安になったりしてしまいますが、これは ❝良い反省❞ ではなく ❝悪い反省❞ です。

そのマイナス感情の影響で、行動が遅くなったり、やめたくなったりして、自分自身が停滞してしまうからです。

 

以前にも書きましたが(『短期目線・中期目線』https://mental-talk.net/mesen/)、

❝短期的な失敗は、中期的な成功に含まれる❞

ということで、目標に向かって行動する時、短期的なミスは必ず起こります。

必ず起こることに、いちいちマイナス反応する必要はありませんし、マイナスどころか、ミスをするたびにネガティブフィードバックで修正して、だんだんと向上していける訳ですから、プラスなのです。

 

是非、この ❝マイナス感情を伴わないネガティブフィードバック❞ を習慣のひとつに加えてみてください。

 

 

余談ですが、私個人的には ❝ネガティブフィードバック❞ という言葉自体はあまり使いません。(もちろん行動としては取り入れてます^-^;)

なんとなくネガティブという言い方が、私にとってマイナスっぽいからです。

私は現場でジュニアに、『「ネガティブシンキング」「ネガティブリアクション」「ネガティブワード」この ❝ネガティブ3兄弟❞ に気を付けろ!』 とか、

『「でも…」「だって…」「どうせ…」 この ❝ネガティブ3D❞ を使わないように!』 とか、

ネガティブだめ!みたいなことをよく言ってるので、現場で使う時は、単に ❝フィードバック❞ と言うことが多いです。

 

❝ネガティブ3兄弟❞ と ❝ネガティブ3D❞ が言いたかっただけかもしれない余談でした^-^;。