コントロール内、コントロール外

 

今日のテーマは『コントロール内、コントロール外』です。

 

テニスはメンタルの安定がすごく大事なスポーツです。

メンタルが安定すると、自分の持っている力を発揮しやすくなるからです。

逆にメンタルが不安定だと、調子のアップダウンが激しいプレーぶりになってしまうでしょう。

 

そして、メンタルが不安定になる要因の1つが、「コントロール外」(自分ではコントロールできないこと)に目を向けてしまうということです。

 

例えば、相手の調子はコントロールできません。

自分が最高のパフォーマンスを発揮したとしても、相手に上回られたら負けてしまいます。

また、極端ですが、大事な場面で全部ネットインされたらどうしようもありません。

調子が良くてもアンラッキーで負けてしまいます。

つまり、結果もコントロールできません。

太陽がボールと重なるとか、突風が吹くとか、雨が降るとか自然もコントロールできません。

要するに、実は自分の周りは「コントロール外」のものであふれているのです。

 

そしてその「コントロール外」に意識を向けてしまうと、思うような結果がでないことに影響を受け、怒り、不安、嫉妬といった感情に支配されやすくなります。

例を挙げると、

・どうしてそんなショットが入るんだ!ありえない!(怒)

・雨で中断か…せっかくの良い流れが変わってしまうのでは…(不安)

・ここでネットインとは…神は相手に味方している…(嫉妬)

という感じです。

当然のことながら、そういう思考をしてしまうと、集中力が低下し、メンタルが不安定になり、パフォーマンスが下がります。

 

ではどうすればいいのかというと、「コントロール外」ではなく、「コントロール内」に意識を向けるようにします。

「コントロール内」というのは、「自分のこと」であり、唯一、自分のことだけはコントロールできる可能性があるからです。

(ただし、唯一コントロールできる自分のことでさえ、コントロールするのは難しく、日々の鍛錬が必要です。)

 

そして、自分は何をするのかというと、「ボールに集中する」です。

前回の記事(https://mental-talk.net/shuchuskl)で書いたように、人間の脳は1つのことにしか集中できないので、ボールだけに集中するようにし、ネガティブ系の思考や感情を排除します。

つまり、ボールだけに集中することにより、❝無心❞ の状態を作るのです。

これがいわゆる ❝集中している状態❞ です。

この状態に入ると、メンタルが安定し、自分の力を発揮できる可能性が高まります。

(この状態が極限まで高まると、「ゾーンに入る」と言われる状態になります。)

 

ということで、テニスをする時に、ぜひ、「ボールだけに集中する練習」をしてもらいたいと思います。

もちろん、目的や段階に応じて、❝意識的に考えながら行う練習❞ はもちろんあります。

が、メンタル面の練習として、「集中することで、今現在持っている自分の力を最大限発揮する」という訓練もかなり重要です。

メンタル的には、この練習こそ最も実践的です。

是非、❝集中状態=無心状態❞ を作る練習も取り入れてほしいと思います。

 

 

 

 

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。