モンテッソーリ教育

 

今日のテーマは 『 モンテッソーリ教育 』 です。

 

「モンテッソーリ教育(モンテッソーリメソッド)」とは、イタリア出身の医師マリア・モンテッソーリ(1870~1952)によって生み出された、子供の能力を伸ばすための教育法です。

モンテッソーリは、女性として初めてローマ大学の医学博士号を取得した才女で、大学卒業後は知的障害を持つ子供の教育に取り組み、知能を向上させることに成功しました。

そしてその教育を、障害を持たない子供の教育にも活かせるのではないか?と考えたモンテッソーリは、1907年に貧困層向けのアパート内で開設された保育施設「子供の家」の監督・指導にあたり、その中で「モンテッソーリ教育」を確立していきました。

 

「なぜ静かにできないのか?」「なぜがまんできないのか?」「なぜ言うことを聞かないのか?」「なぜこんなことをするのか?」・・・etc。

子供にたずさわっている親や先生やコーチの人達は、このように思うことが多々あると思います。そして、大人たちはつい ❝権力❞ や ❝腕力❞ で子供をコントロールしようとしてしまいます。

しかし、モンテッソーリは違いました。思い込みや偏見を手放し、この問いに真剣に向き合いました。大人からみれば困った言動をする子供に対し、非難の気持ちを向けるのではなく、類希まれなる観察力をもって、「その言動の裏には何か理由があるはずだ。」と考えました。

そして、モンテッソーリは「子供の困った行動や悪い癖は厳しく叱っても優しく諭しても根本的には直せない。」と気付きます。むしろ指導や命令から解放して、子供に ❝自由❞ を与えることで、改善に向かうことを見出したのです。

 

モンテッソーリは、 ❝自由❞ とは、「子供の好き勝手にさせてあげる」とか「何でも子供の言うことを聞いてあげる」とかではなく、「子供が大人の援助なしに自分で行動ができること」と説明しました。

そして、大人が子供と関わるときのコツを2つ挙げました。それは、「ひとりでできるように手伝う」ことと、「不必要な援助をしない(不必要な援助は発達の障害物になる)」ことです。

「モンテッソーリ教育」において非常に重視されているのは『自主性』なのです。そしてその『自主性』について、モンテッソーリは著書の中で、次のように述べています。

「子供は、無力さという生来の特性のため、また社会における個人という特質のため、行動を制限する枷(かせ)に縛られている。❝自由❞ を基礎とする教育法というものは、子供がこれら多様な障害を乗り越えるのを助けるべく、関与しなければならない。言い換えると、子供のトレーニングは、合理的な方法において、子供の行動を制限する社会的な束縛を軽減するようなものでなければならない。」

「いかなる教育的活動も、『自主性』という道程において子供が前に進むことを助けるものでなければならない。私達は、子供達が支えなしに歩き、走り、階段を上り下りし、落ちているものを拾い、自分で服を脱ぎ着し、自分で風呂に入り、はっきりとしゃべり、自分が必要としていることを明確に表現できるようになるよう、子供たちを手伝わなければならない。子供達がそれぞれの個人的な目的と欲求を満たすことができるような助けを与えなければならない。そしてこれら全てが、『自主性』のための教育を構成するのである。」

 

大人の目から見て、「取るに足らないこと」「どうでもよさそうなこと」「無駄に思えること」「余計なことをしているように見えること」「意味がよく分からない発言」「普通ではありえない発想」・・・etc、このような子供の言動の中には、実は後に大きな実を結ぶかもしれない可能性が秘められています。

しかし、周りの大人たちはつい、「そんなことしたらダメでしょ!」「そんなのことしてなんになる?」「○○だからやめておきなさい!」「早くしなさい!」「何を訳の分からないこと言ってんの!」「そんなことしなくていいから勉強しなさい!」「我慢しなさい!」「言うことを聞け!」など、上から押さえつけるような発言をしてしまいます。

もちろん時には厳しく叱ることも必要でしょう(特に、大怪我に繋がることとか、命にかかわることとか、他の誰かを傷つけたとか)。しかし、このような大人の発言は、子供の興味を奪い、創造力を奪い、自主性を奪い、行動する意欲を奪ってしまうのです。

 

私が尊敬している、とある教育家の方は「教育とは、知識を詰め込むことではなく、才能を引き出すことである。」と言いました。

子供の可能性を信じ、押さえつけることなく、『自主性』を育んでいく…これが子供の才能を引き出す鍵であり、教育の本質なのです。

 

ちなみに、「モンテッソーリ教育」を受けた有名人は、オバマ元アメリカ大統領、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、アマゾンの創設者のジェフ・ベゾス氏、グーグル創設者のラリー・ペイジ氏など、そうそうたる名前が挙げられます。文字通り、世界を変えるリーダーの方達です。特にラリー・ペイジ氏は、自身の実業界での成功は、「モンテッソーリ教育」の賜物であると公言しています。

日本では、中学生でプロデビューした天才棋士・藤井聡太7段の通っていた幼稚園が「モンテッソーリ教育」を導入していたということで、話題になりました。

 

興味のある方は、詳しく調べてみて下さい。