目的と優先順位

 

今日のテーマは 『目的と優先順位』 です。

前回は「体の動きを意識するとスムーズに動けなくなる」という話だったのですが、今回は「意識することが必要な時もあります」という話です。

 

目的と優先順位を考える

まず、試合や練習をする時には、その試合ごと、その練習ごとに、それぞれ何らかの ❝目的❞ や ❝やるべきことの優先順位❞ があると思います。

例えば、「試合で、今現在自分が持っている力を発揮したい」という目的がある場合は、❝ボールに集中(=エクスターナルフォーカス)❞ をして、体に対して無意識になることで、体のスムーズな動き(持っている能力)を引き出そうとするのが良い戦略です。

しかし、「今回の試合では、もちろん勝利は目指すが、『最近練習している技術や戦術を使うこと』の方が優先順位が上だ…」と考えている場合は、❝意識的に行おうとする❞ ので、良いパフォーマンスは発揮できない(ミスが多くなる)かもしれないけれども、優先するのは「最近練習している技術や戦術を使うこと」ということなので、それでいいわけです。

一方、❝練習で新しい技術を身に着けようとする場合❞ には、まずは、どのように動くのかを意識する必要があります。やったこともない技術を無意識にできるわけがないからです。

実際、初心者や初級者に対しての指導は、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ を要する場面が多いと思います。

中級者や上級者であっても、フォームや体の使い方を直したい時には ❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ することが必要になるでしょう。

新しい技術を学ぶ時や、フォームを直したい時には、体はスムーズに動かないかもしれないけれども、体の動きを意識せざるを得ないのです。

しかし、「あのターゲットを狙って打つ」という目的がある時は、❝ターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)❞ をする方が、上手くいく確率が上がります。

「この練習の目的はフォームを改善することだ」という場合と、「この練習の目的は、ターゲットを狙うことによってコントロール力を上げることだ」という場合では、フォーカスをあてるべきところが違うのです。

近年は、一昔前と違って、細かく ❝フォーム(型)❞ を教えるのではなく、❝体の機能❞ を教えて ❝自然とそうなるように導く❞ という感じの指導が増えています。

とは言っても、「意識を体の動きに向ける練習」がゼロになるわけではありませんので、やはり ❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ することも必要なのです。

結局のところ何が言いたいのかというと、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)する場合❞ と ❝ボールやターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)する場合❞ を、個々の目的や優先順位やレベルに応じて、バランスよく使い分けてください!ということです。

技術力の高い熟練者であれば、「いかにメンタル面を安定させて、良いパフォーマンスを引き出すか」とか、「いかにコントロール力を高めるか(精度を上げるか)」というような、❝ボールやターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)する練習❞ の割合が多くなると思いますが、技術的に未熟な初心者や初級者であれば、やったことのない動きや、知らない技術を身に着けるために、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)する練習❞ の割合が多くなると思います。

 

名言集

それでは最後に名言集です。

 

「明確な目的があれば、どんなに険しい道でも進むことができる。その一方で、目的がなければ、平坦な道でさえ進むことはできない。」

トーマス・カーライル (イギリスの歴史家・評論家)

 

「できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることもあります。」

臼井由妃 (株式会社健康プラザコーワ代表)

 

「選択するということは優先度をつけることであり、エネルギーの分散を極力避けることである。」

利根川進 (日本の生物学者、ノーベル生理学・医学賞受賞)

 

「進歩が生まれるのは、多様性の中の選択からであって、画一性を保持するからではない。」

ジョン・ラスキン (イギリスの美術評論家)

 

「『集中する』というのは、集中すべきものに『イエス』と言うことだと誰もが思っている。だが本当はまったく違う。それは、それ以外のたくさんの優れたアイデアに『ノー』と言うことだ。選択は慎重にしなければならない。」

スティーブ・ジョブズ (アメリカの実業家、アップル創業者)

 

「どの攻撃目標を、どの蹴りで狙うか?それが無意識に選択されなければならない。」

ブルース・リー (中国武術家、武道家、香港の俳優)

 

「良質とは、高みを追求する意志、地道な努力、聡明な方向性と熟練した技術を積み上げた結果。多くの選択肢を賢く選び出すことを意味するものだ。」

アリストテレス (古代ギリシアの哲学者、プラトンの弟子)