目的と優先順位

 

今日のテーマは 『目的と優先順位』 です。

前回は「体の動きを意識するとスムーズに動けなくなる」という話だったのですが、今回は「じゃあ練習の時はどうすればいいのか?」について書いていきたいと思います。

 

まず、試合や練習をする時には、その試合ごと、その練習ごとに、それぞれ何らかの ❝目的❞ や ❝やるべきことの優先順位❞ があると思います。

例えば、「試合で自分の持っている力を発揮したい」という目的がある時は、❝ボールに集中(=エクスターナルフォーカス)❞ をして、体に対して無意識になることで、体のスムーズな動き(持っている能力)を引き出そうとするのが良い戦略です。

でも、「今回の試合では、勝利よりも、『最近練習している技術を使うこと』の方が優先順位が上だ」と考えている場合は、意識的に行おうとするので良いパフォーマンスは発揮できないかもしれないけれども、優先するのは「最近練習している技術を使うこと」なので、それでいいわけです。

 

一方、練習で新しい技術を身に着けようとする時には、まずは、どのように動くのかを意識せざるを得ません。やったこともない技術を無意識にできるわけがないからです。

実際、初心者や初級者に対しての指導は、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ を要する場面が多いと思います。

中級者や上級者であっても、フォームや体の使い方を直したい時には ❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ が必要になるでしょう。

新しい技術を学ぶ時や、フォームを直したい時には、体がスムーズに動く動かないに関係なく、体の動きを意識せざるを得ないのです。

でも、「あのターゲットを狙って打つ」という目的がある時は、❝ターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)❞ をする方が、上手くいく確率が上がります。

「この練習の目的はフォームを改善することだ」という場合と、「この練習の目的は、ターゲットを狙うことによってコントロール力を上げることだ」という場合では、フォーカスをあてるべきところが違うのです。

 

近年は、一昔前と違って、細かく ❝フォーム(型)❞ を教えるのではなく、❝体の機能❞ を教えて ❝自然とそうなるように導く❞ という感じの指導が浸透してきています。

とは言っても、「意識を体の動きに向ける練習」がゼロになるわけではありませんので、やはり ❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)❞ も必要なのです。

 

結局のところ何が言いたいのかというと、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)する場合❞ と ❝ボールやターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)する場合❞ を、個々の目的や優先順位やレベルに応じて、バランスよく使い分けてください!ということです。

 

技術力の高い熟練者であれば、「いかにメンタル面を安定させて、良いパフォーマンスを引き出すか」とか、「いかにコントロール力を高めるか(精度を上げるか)」というような、❝ボールやターゲットに集中(=エクスターナルフォーカス)する練習❞ の割合が多くなると思いますが、

技術的に未熟な初心者や初級者であれば、やったことのない動きや、知らない技術を身に着けるために、❝体の動きを意識(=インターナルフォーカス)する練習❞ の割合が多くなるでしょう。