ミラーニューロン(前編)

 

今日のテーマは 『ミラーニューロン(前編)』 です。

 

「ミラーニューロン」とは、鏡を見ているかのように、他の人の行動を見て、自分も同じ行動をとっているかのように反応をする、高等動物の脳内にある神経細胞の1つです。

イタリアのパルマ大学の神経科学者、ジャコモ・リッツォラティという人が、腕の運動に関する実験をサルを使って行っていた際に、偶然発見したそうです。

この細胞には、自分の近くにいる人、自分がよく見る人を自然にコピーするという機能があります。他の人がする言動を見たり聞いたりする時に活性化し、それを脳内で鏡のように映し出し、自分もそれを再現しようとします。(ですので、「ものまね細胞」とも言われます。)

例えば、「誰かが泣いているのを見て、もらい泣きしてしまった…。」とか、「誰かが爆笑しているのを見ると、特に面白い訳でもないのに、つい一緒に笑ってしまった…。」とか、「隣にいる人のあくびがうつった…。」とか、「スポーツの大熱戦を見て興奮した…。」とか、「映画を見てハラハラドキドキした…。」とか。これらはミラーニューロンの働きである可能性が高いです。

また、「親は子の鏡」とか、「いつも一緒にいる友達と、しゃべり方や行動パターンが似る」というのも、ミラーニューロン効果の積み重ねによって起こる現象と言えるでしょう。

 

一流企業のコンサルタントとして活動し、31歳で億万長者となる大成功をおさめ、世界の成功者たちに大きな影響を与えていると言われている、アメリカの起業家、ジム・ローン氏は、次のように言っています。

「あなたは最も多くの時間を共に過ごしている5人の平均である。」

 

「朱に交われば赤くなる」と言われるように、生活や性格、価値観は「周りにいる人」によって良くも悪くも大きな影響を受けます。人は無意識のうちに周囲の人から影響を受けて、自分自身を形成していくものです。ミラーニューロンの機能が働いているからです。

そして、自分の意思でこのミラーニューロンの機能を停止することはできません。自分の意思で心臓の動きを止められないのと同じです。ということは、私達は周りの人の影響を防ぐことができないのです。

つまり、「 ❝人間関係の環境デザイン❞ は、かなり重要」ということになります。

 

具体的には、「誰と付き合うか」「誰と一緒にいるか」「誰の意見を聞くか」が大事ということです。

悪い例でいうと・・・

・ネガティブな発言ばかりする人(だるい、しんどい、めんどくさい、無理、できない、などの口癖や、悪口・愚痴・批判・批評・・・etc)と一緒にいると、自分も自然とそうなってしまう。

・目先の損得勘定ばかり気にしている人と一緒にいると、自分も自然と「短期目線」「短期的思考」になってしまう。

・口ばかり達者で行動が伴っていない人と一緒にいると、自分も自然と「口だけ人間」になってしまう。

・すぐに落ち込んだり凹んだりする人と一緒にいると、自分も自然と「ネガティブリアクション」するようになってくる。

・努力しない人、頑張らない人に囲まれていると、自然と自分の「頑張りレベル」が落ちてくる。

・・・・・・・・・・etc。

という感じです。

 

もちろん、「人間関係が大事と言われても、そう簡単には変えられない」という人もたくさんいるとは思いますが、❝ミラーニューロン効果❞ をプラスに使うためには、何かしら良い方法を考えていく必要があると思います。

すぐに変えることができないとしても、中長期的に考えて少しづつでも行動していった方がいいです。

もちろん、今の環境が良い環境なのであれば、それを継続すれば良いですし、すぐにより良い環境を求めて動ける人は、すぐに環境改善すると良いと思います。

 

今回の話についても、「環境のせいにしてはいけない」「人のせいにしてはいけない」という意見があると思いますし、ある側面から見れば、確かにその通りだと思ます。

確かに、自分自身の意識としては「私は悪い影響を受けない」「俺は自分の道を行く」「全ては自己責任」というマインドセットが必要です。「自分の力で悪い影響を断ち切る!」という意志を持つことも大事なことです。

しかし、一方で「自分がよく見る人を自然に無意識にコピーしてしまう」という脳機能を持っている以上、「意志力で周りからの悪い影響を完全に遮る」ことはかなり難しいことです。ほぼ不可能と言ってもいいかもしれません。(もちろん、影響を受ける度合いは人によって違います。影響を受けやすい人もいれば、あまり影響を受けない人もいます。)

 

要するに、「環境のせいにしてはいけない」「人のせいにしてはいけない」という信念を持つことも、「環境デザイン」についてしっかり考えることも、両方とも大事なのです。

 

(つづく)