誰もが「積み重ね」の成功体験者である

 

今日のテーマは 『 誰もが「積み重ね」の成功体験者である』 です。

 

ほとんどの人が「積み重ね」の成功実践者

「積み重ね」という言葉は、ほとんどの人が聞いたことのある言葉だと思います。そして、それが「大切な事・重要な事・やるべきこと」と思っている人も多いです。

なのですが、実際には、「今まで、続いたためしがない」「飽きっぽい性格なので無理」「3日坊主とは私のためにある言葉」「俺は気が短いからすぐにやめてしまう」「そんな気が遠くなるようなことできない」という感じで、「私には無理…」「俺にはできない…」という思考が働いてしまい、結局行動に移せていない人が結構います。

そのような思考が働いてしまう原因の1つは、「周りの人や周りの環境に影響を受け、長い年月をかけて『できない・無理』というセルフイメージになってしまっている」ということであり、問題点は、「その思考が積み重なって、無意識に、反射的にそう思ってしまっている(習慣になっている)」ということです。

しかし、実際にはそのセルフイメージは「単なる周りからの影響」であり、自分のことについて間違って判断している可能性が高いです。

ですので、まずは、「そういうことなんだ」ということに気付き、「そのセルフイメージは本当のところ正しいのか?」ということを考えてみてほしいと思います。

もし、考えても「やはり、私には積み重ねの経験なんかない…」と思ってしまった人がいたら、そのような人に対して、「恐らくほぼ全ての人が実践・経験している、とてつもない「積み重ね」の例を挙げたいと思います。

 

歩行と語学習得

例は色々とあると思いますが、特に ❝歩くこと❞ ❝日本語の習得❞ が分かり易い例だと思います。

歩こうとする赤ちゃんは、10秒に1回転ぶそうです。1分で6回転ぶ計算です。

ということは、30分で18回、1時間で36回、1日に4~5時間歩こうとするらしいので、約150~180回、転んでいることになります。

そしてその度に、脳にある ❝フィードバックシステム❞ が軌道修正を繰り返し、少しづつ少しづつ歩く技術を習得していきます。

赤ちゃんは、何千回、何万回のチャレンジを積み重ね、歩くことができるようになるのです。

そして、ほぼ全ての人が、この ❝成功体験❞ を経験しています。

❝日本語の習得❞ も同じことが言えるでしょう。

「俺、頭悪いから…」とか「私、バカだから…」とか言う人も結構多いのですが、世界でも有数の難しい言語と言われる ❝日本語❞ を習得しているわけなので、頭が悪いなんてことはありません。

これに関しても、ほぼ全ての人が ❝成功体験(積み重ねによる日本語習得)❞ を経験しています。

つまり、❝1歩1歩積み重ねる能力❞ というのは、ほぼ全ての人が持っているのです。

ですので、歩行ができる人や日本語を話せる人は、「自分はとてつもない積み重ねの経験者である」ということを認識し、「自分はやればできるんだ」というセルフイメージを持ってほしいと思います。

せっかく備わっているこの ❝1歩1歩積み重ねる能力❞ を活用して、目標に向かって1歩1歩進んでいきましょう。

 

名言集

それでは今日も偉人の名言集です。

 

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道」

イチロー(MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定)

 

「毎日の試合を全力でプレーして、それを積み重ねていくしかない。そのためには1打席1打席、1球1球集中してプレーするしかない。」

松井秀喜(元プロ野球選手、2013年に国民栄誉賞受賞)

 

「何かをすると決めたら続けます。」

山田哲人(ヤクルトスワローズ所属のプロ野球選手、史上初のトリプルスリー複数回達成者(3回))

 

「今強くなる稽古と、3年先に強くなる稽古と、両方しないといけない。」

千代の富士(第58代横綱)

 

「千日の稽古を鍛(たん)とし、万日の稽古を練(れん)とす。」(鍛錬)

宮本武蔵(江戸時代の剣術家)

 

「雨だれが石を穿(うが)つのは、激しく落ちるからではなく、何度も落ちるからだ。」

ルクレティウス (古代ローマの哲学者)

 

「不規則な生活が続けば、それが規則となる。」

ジョセフ・マーフィー(思想家)

 

「偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、小さなことの積み重ねによって成し遂げられる。」

ゴッホ(画家)

 

「夢をかなえる秘訣は4つの「C」に集約される。それは、『Curiosity(好奇心)』『Confidence(自信)』『Courage(勇気)』そして『Constancy(継続)』である。」

ウォルト・ディズニー(ディズニーリゾート創立者)

 

「仕事というもの、経営、あるいは人生というものは、小さいことを積み重ねていくことが大事なんだよ」

松下幸之助(松下電器(現・パナソニック)創業者、異名は「経営の神様」)

 

「継続にこそ意義がある。途中で諦めてはいけない。真の経営者は、常に満足することなく、改善を積み重ねながら、自分に挑み続ける者。」

高田昭(ジャパネットたかた創業者)

 

「今この1秒の集積が1日となり、その1日の積み重ねが1週間、1ヵ月、1年となって、 気がついたら、あれほど高く、手の届かないように見えた山頂に立っていた…というのが私達の人生のありようなのです。」

稲盛和夫(京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。)