環境デザイン

 

今日のテーマは 『環境デザイン』 ということで、「環境を整えることは相当大事です!」という話です。

以前、「環境デザイン」という言葉を使ったこともあるのですが、今日はメインテーマです。

 

まず、行動経済学が専門である、アメリカ・デューク大学・ダン・アリエリー教授の言葉です。

「過去40年に社会科学が残した大きな教訓の1つは、 ❝環境❞ が重要だということです。あなたがレストランに行くとします。食事がどのようにオーガナイズされているかによって、あなたは1つの料理を食べることもあれば、ビュッフェ形式で沢山の料理を食べることもあるでしょう。私達は自分で決定を下していると思っていますが、実は ❝環境❞ がかなりの部分を決定しているのです。従って、自分をどのような環境に置くのかを考える必要があります。 ❝環境❞ はあなたが思っている以上に重要な問題なのです。」

 

教授の言葉ではないですが、他の例も挙げると・・・「日本で生まれたら日本語を話すようになるが、アメリカで生まれたら英語をはなすようになる」とか「勉強一家に生まれたら勉強が得意になり、スポーツ一家に生まれたらスポーツが得意になる」とか「海辺で生活するのと山奥で生活するのとでは、全然違う生活になる」とか・・・etc。

このように、人は与えられた環境に対して、当たり前のように影響されていきます。

 

ということは、私達は、普段の生活の中にある、身近な環境にも、どんどん影響されていく可能性が高いと言えると思います。

例えば、❝ネガティブな言葉が飛び交うような環境❞ にいると、ポジティブな自分を維持しにくいです。それどころか、その環境に影響されて、ネガティブな言葉を発してしまう自分になってしまうかもしれません。ポジティブな人になりたいのなら、ポジティブな言動をする人に囲まれた方が良いでしょう。

また、❝ダラダラする人・チンタラする人が多い環境❞ にいると、行動力を維持しにくいです。それどころか、その環境に影響されて、ダラダラしてしまう自分になってしまうかもしれません。行動力を身につけたいなら、行動力があってテキパキしている人に囲まれた方が良いでしょう。

 

また、「❝『気が散る』ような環境❞ は、人の能力を低下させるのか?」というダン・アリエリー教授の研究では、「騒音が多い鉄道線路沿いの学校で学ぶ学生が、静かな教室で学ぶ学生に比べ、大きく学力的に遅れをとったが、防音装置によって騒音が解消されると、学力の差がなくなった」という例があるそうです。

また、とある職場の環境調査では、「生産性が際立って高いコンピュータープログラマーには共通点があり、それは経験でも給料でもなく、雇用主から集中できる静かな環境を与えられていた。」という結果が出ているものもあるそうです。

つまり、❝『気が散る』ような環境❞ は、人の能力を低下させるので、 ❝集中し易い環境❞ を作りましょう、ということです。

 

もちろん、いつでもどこでも環境を思い通りにできるわけではありませんが、 ❝環境は重要❞ ということを意識することで、少しづつでも、自分にとってより良い環境を作っていくことができるようになると思います。

 

よく「環境のせいにしてはいけない」という言葉を聞きますし、特に ❝気合いや根性❞ を重視するタイプの人には、「環境のせいにするな!気合いで乗り越えろ!」という意見もあるかもしれません。

確かに、戒めとしてそのように考えた方が良い時もあると思います。

「それを環境のせいにするのは自分に甘過ぎ…」とか「それを環境のせいにするのはワガママ過ぎ…」とか、自分自身(もしくは学習者)が成長するどころか、退化してしまいそうな ❝思考❞ をしてしまっている場合は、「環境のせいにするな!」という指導をした方が良いでしょう。

しかし、「集中力を発揮して能力を向上させ生産性を上げる」ということが目的である場合は、気合いで乗り越えるよりも、良い環境を作る方が、より効果的だと思います。

お坊さんたちも、街中の騒がしいところで座禅を組んだりしません。集中しにくいからです。違う意味での修行にはなるかもしれませんが、本来の座禅の成果は期待できません。気合いや根性の問題ではないのです。

 

ですので、これは「有意義な環境デザイン」なのか?「甘え・ワガママ」なのか?という判断はきっちり行う必要があります。このような判断を高精度で行える人が「頭がいい人」であり「どんどん成長する人」なのでしょう。

なかなか難しいことですが、このようなことを意識して考えることで、判断能力が少しづつ向上していくのだと思います。これも ❝積み重ね❞ と ❝継続❞ です。

 

自分の生活の様々な場面において『環境デザイン』を意識し、考えて実行してみて下さい。