生徒の行動を変えるためには?

 

今日のテーマは 『生徒の行動を変えるためには?』 です。

 

行動にフォーカス

前回は「学習=行動の変化」「行動が変わらなければ、学習したとは言えない。」という話でした。

ということは、指導者側から見た場合、「生徒の行動が変わっていなければ、 ❝教えた❞ とは言えない。」ということになります。

私はテニスコーチなので、指導者側の立場なわけですが、生徒さんの行動を変えることができて初めて、❝教えた❞ と言えるのです。

ですので、やはり生徒さんの「行動」にフォーカスしないといけません。レッスンで色々理論をしゃべって、「今日も色々教えたぜ~(^_^)v!」と満足しているようではダメなのです(^-^;。

「何を学んだか?」「何を勉強したか?」「何を覚えたか?」「何を理解したか?」よりも、「どのように行動が変わったのか?」の方が重要なのです。

 

指導者が影響を与える

「生徒の行動を変えるためにはどうすれば良いか?」について、とある教育家の先生は次のように言っています。

『相手の成長を考えるのであれば、相手を追い込んでいく必要がある。人は、肉体的にも精神的にも、辛く苦しい思いを乗り越えることで強くなっていく。プッシュしなければ成長させることはできない。「ゆとり教育」「本人の自由」「本人の意志」「褒めて優しく」とか言っていると、怠けてきて退化してしまう。放っておいても、自分の考えと意志で上昇していける強固な ❝マインドセット❞ の持ち主であれば構わないが、多くの人は、特に子供は、まだまだ未熟。未熟な人間に対して、「ゆとり教育」「本人の自由」「本人の意志」「褒めて優しく」とか言っていたら成長させることはできない。その相手を成長させたいのであれば、指導者自身が道筋を示し、導かなければならない。』

 

そしてこのように考える理由として、

『結局のところ、人は周りの人の影響を受ける。周りの人からの影響を完全に遮ることはできない。なので、指導者が「本人の自由」「本人の意志」とか言って、子供の自由にさせてあげたところで、結局、それ以外の人(学校や塾の先生やコーチや親や親戚の人達、友達や先輩など)の影響を受けてしまう。結局のところ、周りの色んな人から色んな知識や考え方を埋め込まれてしまう。子供が「自分で考えた」と言っても、それは、周りからの影響を受けての ❝考え❞ である可能性が高い。それならば、ある程度しっかりするまでは、指導者が自分で影響を与えた方が良いのである。』

と述べています。

 

子育てに関して教育熱心だったと言う、ノバク・ジョコビッチのお母さんのダイアナさんも、インタビューで次のように話しています。

「私達(父母)は3人の子供達に厳しく教育してきた。常に、しっかりとした教育を受けて、賢くあれと言い聞かせてきた。とても教育熱心だったと言えると思う。最近は子供達の環境が変わってきている。子供に、自分のことは自分で決めるようにさせている親が増えている。でも私達が間違っていたとは思っていない。」

「大人になれば、なんでも自分で決められるようになるでしょう。でも、4歳や5歳、はたまた10歳や15歳そこそこの坊やが、何を決められるというのでしょう?」

 

固定観念ブロック

人は誰でも ❝固定観念❞ を持っています。「私の考えは正しい」「私は知っている」と思っています。なので、基本的に人は学ばないですし、学んだとしても「こういうことだろう…」と、自分の物差しで判断して、自分のやり方を採用するので、結局のところあまり変化が起こらなかったりします。

なので、この「私は正しい」「私は知っている」「自分の物差しで判断」というブロック(=固定化された古いパターン)を壊さないといけません。

簡単な事ではありませんが、生徒も指導者もこれを乗り越えなければ、新しいことを学んで行動を変えていくことはできないのです。

 

言い訳マシーン

また、上記の先生は、指導の過程において、「人間の脳は言い訳マシーンである、ということを知っておかなければならない。」と言います。それについて次のように述べています。

「人の脳は、言い訳を思いつく天才。素早く言い訳を考える。自己正当化して行動しなくてもいい理由を考える。自分でも気づかないレベルで高度な言い訳をしてしまう。しかし、言い訳は成長を止めてしまう。脳はパターンを作って固定して一般化しようとするので、言い訳を1つ作るとそれがパターンになってしまう。1度楽をしてしまうと、どんどん楽な方へ流される。休み癖がつくと固定化してしまう。脳はパターンを決めよう、作ろう、固定しようとしている。どういう発言、どういう行動、どういう習慣を持つかで、決まってしまう。常に意識して、正しい方向に修正しなければならないのである。」

生徒を観察するのはもちろんのこと、指導者自身が悪いパターンにはまっていないかどうか、注意を払う必要があります。

 

指導者がやるべきこと

今日は「生徒の行動を変えるには?」という話だったのですが、更に言うと、実際は「 行動を変える ⇒ 習慣化する ⇒ 成長する 」というところまで導くことが、指導者がやるべきことだと思います。

もちろん、生徒のやる気とか意見とか都合とか、生徒との相性とかもありますので、望まれていない場合はそこまではできないですが、望まれている場合は、そこまで責任を持って指導にあたるようにしたいです。

そして、そのように責任をもって導こうとすることで、色んな学びや経験を得ることができ、自分のコーチとしてのレベルを上げることにも繋がるのです。