メンタルブロック

 

今日のテーマは 『メンタルブロック』 です。

 

メンタルブロックとは、無理だ…できない…など、否定的な思い込みによって築かれる精神的な壁のこと、あるいは、無理だ…できない…と自分を抑止する思考そのもののことです。

❝固定観念❞ ❝先入観❞ とも言えるでしょう。

なぜメンタルブロックができてしまうのかというと、

・育った環境(両親)や受けてきた教育(先生・コーチ)や周りの関わる人(友達)の影響

・自分が接してきた情報(テレビ、新聞などのメディア媒体)の影響

・自分自身の失敗体験による影響

などにより、「こうあるべきだ」「こうしないといけない」「こんなのは恥ずかしい」「これが普通だ」「これが常識だ」という意識・思考が何重にも積み重なり、❝強靭な意識の壁❞ が構築されてしまうということです。

 

その ❝強靭な意識❞ が自分にとってプラスに働くのであれば素晴らしいのですが、❝壁❞ になってしまうのであれば、その ❝壁❞ を少しずつでも壊していかなければなりません。

「日本人は控えめな民族」と言われているので、個々に持っているメンタルブロックの数が多い可能性があります。

だからこそ、❝意識的に❞ 壁を壊そうとしたほうがいいです。

メンタルブロックを持ったままだと、可能性の扉を開けることが困難になるのは間違いありません。

「僕にはできない…」「私には無理だ…」と思うことがあったら、メンタルブロックを疑ってください。

考えることなく、無意識に、反射的にそう思ってしまったり、行動してしまったりする場合は、特に疑ってください。

 

動物園のゾウは鎖を引きちぎるパワーを持っていますが、非力な子供の頃に鎖につながれることで、鎖の範囲内でしか動くことができないと刷り込まれ、大人になってからも、鎖につながれると動くことを諦めます。

ノミは2mm程度の体で1メートルもジャンプすることができますが、高さ10cmのビンをかぶせられ、何度もそこに体をぶつけると、その後10cmしか飛ばなくなります。(高く飛ばないようにして芸をさせる ❝ノミのサーカス❞ がパリで行われています。)

 

これ正に ❝メンタルブロック❞ であり、このゾウやノミと同じように ❝思い込み❞ に縛られている人は多いと思います。

最初は夢や希望を追いかけていたとしても、年を重ねるごとに、色んな失敗経験をして、何回もつまずいたり頭をぶつけたり、周りから色んな冷めた意見を聞いて、影響されてしまうのです。

しかし、人間はゾウやノミではありません。

考える力があります。

「無理だ…」「ダメだ…」「できない…」「こんなものだ…」「これが常識だ…」というような ❝メンタルブロック❞ をどんどん壊していきましょう!

 

前回の投稿(https://mental-talk.net/kei/)のなかでも書きましたが、錦織選手は、「日本人が世界のトップクラスになるなんて無理だ(=世間の常識)」と、恐らくほとんどの人が思っている中、純粋に1位になりたいと考え、その自分の考えに疑問を投げかけることをしませんでした。

錦織選手が世界のトップクラスに辿り着くことが出来た理由は色々あると思いますが、「メンタルブロックがなかった」ということも大きな要因の1つである、と言えるのではないでしょうか。

 

最後に、アメリカバスケットボール界のレジェンド2人の言葉を紹介します。

 

『無理だなんて絶対に口にするな。限界だと思っても、それは幻想に過ぎない』

マイケル・ジョーダン

 

『「君には無理だよ」という人の言うことを聞いてはいけない』

マジック・ジョンソン

 

 

 

1 Comment

ゴーレム効果 |  テニスコーチが語るメンタルの話

[…] たまに冗談で言うくらいならまだしも、しょっちゅう言われると、それがセルフイメージになりかねません。セルフイメージになると、それがメンタルブロックになってしまうので、かなり注意が必要です。(たとえ冗談だとしても、たとえ1回だけだとしても、影響力がある人(学習者自身が一目置いている親や先生やコーチ)の発言は、心に残る場合がありますので、同じく注意が必要です。) […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です