意志力

 

今日のテーマは 『意志力』 です。

 

フロリダ州立大学の社会心理学者で、「心理学者として世界で最も研究結果の引用が多く、影響力の大きいひとり」と言われるロイ・バウマイスター教授が、「人間には意志力(=自己コントロール力)が備わっている」ということを、実証研究により示しました。

また、「個人に幅広い利益をもたらすと考えられる性質は2つしかない」と、実証研究から結論付けているのですが、その2つは ❝意志力(=自己コントロール力)❞ と ❝知能❞ ということです。

 

バウマイスター教授は、「❝知能❞ は生まれつきの要素が大きく、向上させるのがかなり難しいが、一方で、❝意志力❞ というのは筋肉のようなもので、トレーニングによって向上させることができ、加えて効果が長期間にわたる。」と述べています。

また、「❝意志力(=自己コントロール力)❞ によってもたらされる幅広い利益」の例として、『健康』と『業務遂行能力』を挙げています。

確かに、❝意志力(=自己コントロール力)❞ が強ければ、禁煙や禁酒やダイエットにも成功できるでしょうし、勉強やスポーツや仕事においても、ハイレベルな行動力を発揮できるでしょう。

逆に ❝意志力(=自己コントロール力)❞ が弱ければ、勉強や練習や仕事もすぐに放り出してしまったり、誘惑に負けて、すぐに楽な方に流されてしまうような生活をすることになってしまいます。学校や仕事の成績が上がらない…とか、運動不足で不摂生な生活をしている…とか、衝動買いやアルコールに走ったりとか、もっと酷い場合は、借金、暴力、薬物の乱用なども、❝意志力(=自己コントロール力)❞の弱さが大きな原因の1つだと言われています。

仮に、「❝意志力❞ の強い人」と 「❝意志力❞ の弱い人」の追跡調査をしたならば、数年後には既にそれなりの差がついているでしょうし、数十年後とかだと、とんでもない差がついてしまっていることでしょう( ゚Д゚)。

ということで、この 「❝意志力=自己コントロール力❞ がどれほど備わっているのか?」が、その人の人生を大きく左右すると言っても過言ではないわけです。

❝意志力❞ について学んで、向上に努めることは、かなり重要なことなのです。

 

ですが、一般的には ❝意志力❞ ということについて、正しい知識があまり出回っていないかもしれません。

スポーツの世界で「意志力=気合と根性」といった、古いタイプの根性論だけを唱える指導者が存在するのと同じように、その他の分野でも、「意志力=気合と根性のみ」と思っている人が少なからずいるのかもしれません。

(ちなみに私自身は、気合いや根性否定派ではなく、むしろ推奨派です^-^;。ただ、「それだけではダメ」と思っています。)

「気合と根性」はもちろん必要なのですが、「気合と根性だけでは限界がある」という知識を持ってほしいと思います。

 

恐らく、まだ書きたいことの半分も書けていないので(-_-;)、続きは次回にしたいと思います。