逆転負けパターン①「油断」

 

今日のテーマは 『逆転負けパターン①「油断」』 です。

 

今回と次回は、私が経験してきた中で、結構多かった「逆転負けパターン」をみていきたいと思います。

今日は「油断」です。

テニスの試合経験がたくさんある人は、「勝ったと思ったところから逆転負けした」という経験が少なからずあるのではないでしょうか。

私ももちろんあります(*_*;。

もうずいぶん前のことですが、3セットマッチで6-1、3-1でリードしていて、その次の第5ゲームを、ものすごく長いデュースの末ゲットして4-1となった時に、ベンチに座って、「これは、相手に相当なダメージを与えただろう。ガックリしているに違いない。もう勝ったな…( ̄ー ̄)ニヤリ。やったぜ!」と、勝利後のことを考えていると、

張り詰めた糸が緩まってしまったのか、急に疲れを感じ始め、次のゲームで足をつってしまい、動けなくなって逆転負けを食らったという、悲しい出来事がありました(*_*;。

勝った!と思ってしまった、つまり「油断」したことが、逆転負けへの引き金を引いたのです。

私自身、他にも逆転負けの経験がありますし、ジュニアの試合でも、このような試合を結構見てきました。

こんなことになる原因は1個ではなく複数あるのですが、そのうちの1つは、脳の仕組みから説明できることです。

 

脳の中には ❝自己報酬神経群❞ というところがあります。

これは文字通り「自分へのご褒美」をモチベーションにして働く部位です。

「ご褒美がもらえそうだ⇗」という ❝期待❞ がある時には、自己報酬神経群がフル回転するので、パフォーマンスが上がります。

逆に、ご褒美が得られた!達成した!と思うと、脳が働きをやめてしまい、パフォーマンスが下がるのです。

つまり、「もう勝てるだろう⇗」「よし、勝った!」などと思うと、❝期待❞ が満たされて脳機能が低下し、力を緩めてしまうのです。

試合終了までパフォーマンスを維持するためには、「勝利」という ❝期待❞ を脳に持たせ続けなければいけないのです。

先程の私の例は、正に、自己報酬神経群の働きを自ら止めてしまったことにより起こったと言えるでしょう。

 

「最後まで希望を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ」

というのは、知る人ぞ知る安西先生の言葉ですが、この安西先生風に、

「最後まで勝ったと思っちゃいかん 試合終了まで油断しちゃダメだよ」

というマインドセットを持ってほしいと思います。

 

最後に……アテネと北京でオリンピック2大会連続金メダルを獲得した、水泳平泳ぎの北島康介選手が取り組んだ練習法を紹介します。

「途中でゴールをゴールだと思った瞬間に、ただの選手になる。」(自分は懸命に泳いでいるつもりでも、「そろそろゴールだ」と思った瞬間、「もう頑張らなくていい」と脳が判断して無意識に力を緩めてしまう)

ということを知った北島康介選手と平井コーチは、

「プールの壁をゴールと思うのではなく、壁にタッチした後、振り向いて電光掲示板を見た瞬間をゴールとする」

という ❝新たな自分のゴール❞ を設定。その練習を何度も何度も繰り返して習慣化し、その1ヶ月後に世界記録を塗り替えたそうです( ゚Д゚)。

 

 

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です