デリバレートプラクティス

 

今日は『デリバレートプラクティス』に関するエリクソン教授の研究の中でも、特に優秀とされる研究を紹介します。

とその前に…まずはエリクソン教授による『デリバレートプラクティス』の定義です。

「明確な目標を掲げ、そこに到達すべく精密に構成された練習であること」

「弱点を克服するために、具体的な課題が課されている事」

「上達に向けて正しい方向に向かっているかどうか、コーチや先生に注意深くチェックされていること」

 

それではエリクソン教授の研究を紹介します。

その研究とは、1991年にドイツの「西ベルリン音楽アカデミー」という有名な音楽学校のバイオリニストを対象に行った研究です。

まず、エリクソン教授は、被験者であるバイオリニストを能力に応じて次の3つのグループに分けました。

①国際コンクールで結果を残し、将来ソリストになることが期待される最も優秀な生徒グループ

②オーケストラの演者になれる程優秀ではあるが、グループ①の生徒よりもやや劣る生徒グループ

③プロの演者になるのは難しいと思われるため、音楽教師を目指している生徒グループ

そして全生徒を対象に、「何歳でバイオリンを習い始めたのか?」「1日何時間練習しているのか?」「親族に音楽家はいるのか?」など、様々な聞き取り調査を行いました。

 

そしてその調査の結果、生徒たちの環境や経験においては、どのグループも非常に似通っていることがわかりました。

「レッスンを受け始めたのは8歳頃。」

「音楽家になろうと決意したのは14,15歳の頃。」

「教わった先生の数は平均4人。」

「バイオリン以外に習った楽器は平均1.8。」

 

このように、環境や経験にはあまり差がなかったのですが、ある部分において、決定的な相違点があることもわかりました。

それは、「今まで費やしてきた練習時間の合計」、更に言うと「デリバレートプラクティス」の累計時間でした。

つまり、グループ①の生徒は、時間の長さも、取り組み姿勢も、1番優れていたのです。

 

グループ①の生徒は、20歳になるまでに、平均で1万時間の練習を積み重ねていました。

(8歳から始めて約12年間で1万時間、ということは、単純計算で毎日2時間以上の練習をしてきたことになります。)

それは、グループ②の生徒よりも2000時間多く、グループ③の生徒よりも6000時間多い数字でした。

名だたる音楽学校の生徒さんですので、皆さん、真面目に練習に取り組んできたと思いますが、その中でもグループ①の生徒は、「より長く、より内容の濃い練習」を積み重ねていたのです。

その努力の蓄積により、国際コンクールで結果を残す程の実力者となり、将来を大いに期待される存在になることができたのです。

エリクソン教授は、この研究においても、❝先天的才能❞ が過大評価されていることに対して、疑問を投げかけました。

ということで、今回は「 ❝超一流❞ である人は、練習時間の長さや取り組み姿勢が群を抜いている 」というエリクソン教授の研究を紹介しました。

 

今回は「トップクラスを目指す人限定の話」みたいになってしまいましたが、でも、この ❝デリバレートプラクティス❞ というのは、トップ選手だけではなく、段階に応じて、ほぼ全員の人に役に立つ ❝考え方❞ だと思います。

ちなみに、私にとっての ❝デリバレートプラクティス❞ とは、❝目的意識と向上心を持ち、集中して真面目に取り組む練習❞ です。

やはり、何をするにしても、「目標を持つ」とか「真面目に取り組む」とか「心を込める」とか「集中する」とかを実践することで、間違いなく効率が上がります。

たとえ、「きっちり練習時間を確保できない」とか「毎日はできない」という環境であったとしても、練習時に ❝目的意識と向上心を持ち、集中して真面目に取り組む練習❞ を意識することで、効率は必ず上がりますし、やった分だけの向上があるはずです。

プロになりたい!全国大会で上位入賞したい!県で優勝したい!もっとうまくなりたい!とか、人それぞれ目標があると思いますが、その自分だけの目標に向かって、自分なりの ❝デリバレートプラクティス❞ を実践していってください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です