「怒って育てる指導」の注意点

 

今日のテーマは 『「怒って育てる指導」の注意点』 です。

 

前回は「今後は厳しい指導者が少なくなっていくことが予想されます」という話をしたのですが、一昔前は、スポーツ推薦とかで能力ある選手を集めているわけでもないのに、厳しい指導で結果を出し続ける名物監督みたいな方が結構いらっしゃいました。

高校野球や、高校サッカーや、高校ラグビーなど、毎年のように強い常連校もありました。

私は子供の頃、高校野球(甲子園)が好きで、よく見ていたのですが、池田高校の蔦監督、簑島高校の尾藤監督、PL学園の中村監督などの名物監督は今でも覚えています。

蔦監督に関しては、特集番組みたいなのを見たことがあり、とてつもなく厳しい感じだったと記憶しています。

 

ですので、やはり ❝厳しい指導❞ というのは、選手の能力を向上させるための1つの方法であることは間違いありません。

精神的に未熟な子供に対しては、厳しく声をかけて意欲を高めたり、怒鳴り散らしながら、お尻を叩きながら導いていくやり方も、効果があると思います。

「マナーやルールを強制力をもって植え付ける」ということも、よくある話です。

しかし、このような ❝強制的な厳しい指導❞ には、当然マイナスの面もあります。今日はそちら側の話です。

 

人には「自分を守りたい」という ❝自己防衛本能❞ があります。

ですので、毎日毎日何回も何回も怒られていると、この ❝自己防衛本能❞ が過剰に作用し、自分を守るために、その怒ってくる人の話を何とか聞かないようにしようとします。

聞き流したり、聞くふりをしたり、することになります。

そしてその状態が続くと、だんだんと「人の話を聞いているように見えて、実際は真面目に聞いていない」という態度が習慣になっていきます。

その習慣が、困難から逃げてしまう脳= ❝逃避脳❞ を育てる結果となってしまうのです。

 

❝逃避脳❞ が育ってしまうと、困難から逃げようとしてしまうので、

・人の話を真面目に聞かない

・嘘をつく、言い訳をする

・考えることをしない(頭を使うのは重労働だから)

・継続できない、集中が続かない

・すぐに「面倒くさい」と思ってしまう

などの行動をとることになり、❝自分自身の成長❞ から逆方向を向いて進むことになってしまうのです。

 

これが、❝強制的な厳しい指導❞ のデメリットです(デメリットの1つです)。

 

本来スポーツは、

「ベストを尽くしてやるべきことをやり、それを積み重ねる努力によって、自分自身を向上させていく習慣を身に着けていく」

「困難を乗り越えて掴む勝利の幸福感・充実感・達成感を味わうことで、目標達成の素晴らしさを学び、目標達成能力向上につなげていく」

「ライバルと競い合う中で、自分を成長させる機会を与えてくれたそのライバルをリスペクトできる人間性を育む」

などの教育的意義を持っています。

 

私は ❝厳しい指導❞ 肯定派なのですが、だからこそより一層、このような教育的意義を忘れないようにしないといけないと思っています。

口で言う程簡単な事ではありませんが、指導者側も生徒側も、このような知識を持ち、お互いにコミュニケーションを取りながら、日々の練習に取り組んでいくことが大切ですね。