スキル習得段階4ステップ

 

今日のテーマは 『スキル習得段階4ステップ』 です。

 

スキルを習得する時の流れは、『知る(知っているけどできない)』⇒『できる(意識すればできる)』⇒『慣れる(自動化するために何度も繰り返す)』⇒『自動化(無意識でもできる)』という感じだと思います。

テニスにおいても、スキルを習得するためには、上記の流れに沿って練習を積み重ねていく必要があります。

テニスは「オープンスキル(※1)」のスポーツですが、基本的なスキル(技術面)を習得する段階では、「クローズドスキル(※2)」的練習も必要です。

(※1 絶えず変化し、不安定で予測が不可能な状況の中で、自分で判断し、自分で創造していくスキル。外的要因によって左右される。テニス・サッカー・バスケ…etc)

(※2 変化が少なく、安定して予測が可能な状況の中で、自分のペースで行うスキル。外的要因に左右されにくい。陸上・水泳・体操…etc)

段階を考えつつ、両方をバランスよく練習していく必要があるでしょう。

では、スキルを習得する時の流れを、1つずつ簡単に解説していきます。

 

①『知る(知っているけどできない)』

これは、話を聞いたり本から学んだりして、「知識は入ったけど、まだ上手くできない」という段階で、例えば、フォアハンドストロークを打つ時の体の使い方やフォームを習って、実際打つ練習を始めました…というレベルです。

このレベルでの大切なポイントは、「できるようになるには時間がかかる、という想定をしておく」ということです。

一般的に、人は短期目線で物事を捉える傾向がありますので、「すぐに出来るようになりたい」「早く成長したい」と考えがちなのですが、なかなかそう上手くはいきません。

「脳の神経細胞は増える」の投稿でも説明しましたが、今まであまり経験したことのない動きに関しては、その動きに対応するために必要な脳の神経細胞が少ないので、イメージ通りに体が動いてくれないからです。

このレベルでは、神経回路を増やすために、何度も何度も失敗して修正する過程を繰り返すことが必要です。ミス→フィードバック→ミス→フィードバック・・・・です。

テニスは特に難しいスポーツと言われていますので、このような知識を持ち、中長期目線で取り組む必要があると思います。

 

②『できる(意識すればできる)』

これは、何度も失敗して修正する過程(練習)を繰り返した結果、「ある程度できるようになった」という段階で、例えば、フォアハンドストロークが、意識をすればキレイにスイングでき、それなりにコントロールもできる…というレベルです。

このレベルでは、まだ自信があるわけではないですし、意識(インターナルフォーカス)を要します。でも、だんだんできるようになってきて、テニスをするのが楽しくなってくる段階でもあります。

 

③『慣れる(自動化するために何度も繰り返す)』

このステップはある意味非常に大切です。意外と多くの人が軽視するところだからです。②の段階で満足してしまい(できた!と思ってしまって)、その後の積み重ね練習をやらない人が結構多いように思います。

結局のところ、練習の最終目的の1つは「自動化すること(無意識的にできるようになること)」であり、「単発的に何回かできること」ではありません。

❝自動化❞ できてないものは、本番の試合ではあまり役に立たないのです。

ですので、「意識的にはできるようになった!よし、次は無意識にでもできるようになろう!」という ❝思考(マインドセット)❞ が大切です。

そういうマインドセットを持って更に練習に取り組むことで、❝自動化❞ の実現に近づくことができます。

 

④『自動化(無意識でもできる)』

この「自動化(無意識でもできる)」という状態は、脳の中にその神経回路が定着したことを意味します。上手くいかなかった時に持っていた不快感や違和感が、ほぼなくなります。

ここまでくれば、実践練習や試合の中でも自然にそのスキルを発揮することができるでしょう。

 

名言集

ということで、かなり大まかではありましたが、『スキル習得段階4ステップ』の説明でした。このような考え方を普段の練習の中で取り入れてみて下さい。

それでは最後に名言集です。

 

「ホームインするには、一塁、二塁、三塁とベースを踏んでいかなくてはならない。」

ベーブ・ルース (アメリカベースボール界のレジェンド)

 

「人生に起こるさまざまな出来事…。それは、子供が足し算・引き算から学び始め、段階を踏んで、難しい問題に取り組んでいくカリキュラムのようなものです。問題の取り組み方を正しく学び、知恵を積み重ねていくことができれば、どんな難問でも解決する力にしていけるはずです。」

ジェームズ・アレン (イギリスの思想家・著述家)